So-net無料ブログ作成

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 感想 [映画]

Amazonプライム限定で399円だったので、見てみました。
ティムバートンは結構好きです。独特の暗い感じがいいですね。
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち、はわりと誰でも楽しめる映画で、当たりの映画だと思いました。異能力を持った子供達と、おじいちゃんにまつわる奇妙な話というか。
変な映画をワクワク見たい方はぜひ。面白いですよ。
吹き替えでみたのですが、主人公宮野真守さんなんですね。イケメン声だなーと聞いてました。普段字幕で見ることが多いけど、吹き替えも結構いいものですね。読まなくていいから楽ちん。

以下ネタバレありで。


ストーリーが結構好みのもので、楽しく見れました。ループする世界で子供たちは暮らしてるんですね。主人公の能力、モンスターが見えるのは地味だけどすごいです。ラストの方でループを乗り継いで空気能力の子に追いつくのは良かったです。最初のなよなよした感じからぐっと成長した感じ。
おじいちゃんも死ななかったし、子供たちはどの子も不思議だしで面白かったです。双子の能力には笑いました。だからマスクだったのかー。
良い映画だったなと満足です[ぴかぴか(新しい)]

共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。