So-net無料ブログ作成

「メアリと魔女の花」 試写感想 [映画]

当たったらラッキーくらいの気持ちで、なにげに応募していたら当たりました!
6月22日18時半からで、座席は当日引き換えとの事。一応本人確認用に免許証も持って、いそいそと早めに出かけました。着いたのは4時すぎでしたが、もう40%くらい引き換え済みとの事でした。みんな早いんだなぁ。一人寂しく行ったので、真ん中後ろよりのいい席取れました。あ、本人確認なかったです。シネマイレージの履歴はつけてくれました。

一人回転ずし(カウンターでのんびり。最近はまってます)のあと、ブラブラして劇場に行きました。
お客さんは女性ばかりで、男性はポツポツと。学生さんもわりといました。あと子供さんかな。

まず監督さん、プロデューサーさん、声を演じた俳優さん達の挨拶が中継されました。監督さんこういう人なのかーとか小日向さんて面白いなとか思いながら見てました。ときどきジブリと間違えてる人いたような。ええと、スタジオポノック第一回作品です。ジブリの人たちがほとんどだから、ジブリみたいなもんだけど。

映画のほうは、出だしがすごい良くて「あ、これはいい映画の予感!」とときめきました。
展開については詳しく書けないけど、良い映画でした!ファンタジーであり、少年と少女、飛行シーン、変なキャラクター(フラナガンさん好き)、と私の好きなタイプの映画でした。作画結構いいです。よく動いてました。声のほうも、みんな上手でした。
ストーリーは感動して泣く系ではないけど、良いふうに終わるので感じいいです。
ヒットして欲しいなぁ。監督の作品で一番良かったです。


共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。